とろわふれーる
  • 5404-3 ooba fujisawa-shi kanagawa japan 251.0861
  • telephone: 0466.88.5214 facsimile: 0466.88.5214

とろわふれ~るは本場仕込みのパティシエが腕を振るう
フランス菓子を堪能できる湘南藤沢のパティスリーです。

France Letter

フランス便り

フランス便りエントリー03

0000000728.JPGこんにちは。 少しずつですが、春めいてきましたね。

2月のバレンタインの様子をお知らせしようと思っていたら、お店のほうが忙しくて、あっという間にひな祭りが終わってしまいました。

と、いうわけでだいぶ遅れましたが、フランスのバレンタインの様子をご紹介します。

フランスでは(というか日本以外の国では)バレンタインデーというのは、それほど大きなイベントではありません。

必ずしも「女性が男性にチョコレートをあげる日」という定義はないようです。
男性から花束と共にチョコレートを贈ったり、また女性から男性に贈ったり・・・と、どちらからでもいい日のようです。
男女関係なく大切な人へプレゼントする日みたいですよ。

 

0000000689.JPGジャンマークの店のショーウインドーの様子。
ジスレンヌのディスプレイは本当にいつもいつもステキです。

フランス人は、細かい作業が苦手な人は多そうですが、何もないところに何か作り上げる力というか、人を惹きつけるもの、ハッとさせるようなものをとっさに作り上げる(飾る)ことがものすごく上手な人が多いと思います。

日本人にはなかなか思いつかないようなことをパパっとやってしまうので、ぜひ見習いたいです。

 

 

0000000691.JPG一緒に働いていたセバスチャンと。
まだあまりフランス語を話せなかった私にも、やさしく説明してくれました。

ここは、私とシェフがフランスで一緒に仕事してた唯一の店です。

お店を外から見たところ。
このころちょうど、私の親友たかよが日本から遊びに来ていました。

バレンタインなので特別にハート型のチョコレートも作っていましたが、
思っていたほどたくさんは作りませんでした。
それよりも、そのあとやってくるPâques(パック)へ向けて準備の真っ最中で、私はずーっとひたすら小さな卵やクロッシュなどを作り続けました!!

次回はそのPâques(パック:復活祭)のお話をしましょう。

 

0000000693.JPG