とろわふれーる
  • 5404-3 ooba fujisawa-shi kanagawa japan 251.0861
  • telephone: 0466.88.5214 facsimile: 0466.88.5214

とろわふれ~るは本場仕込みのパティシエが腕を振るう
フランス菓子を堪能できる湘南藤沢のパティスリーです。

France Letter

フランス便り

フランス便りエントリー06

0000000860.jpgずいぶんのご無沙汰になってしまいました!! すみません。
日々のバタバタに流されてしまい、PCの前に座る時間がなかった・・・と、言い訳ですね。 反省しております。

さて、今回は、私たち夫婦にとって、とても大事な友人を紹介したいと思います。
彼の名は、伊地知 雅さん。 鹿児島出身の料理人です。

私が初めておじさんに会ったのは、ヴィエンヌにあるレストラン「ピラミッド」に連れて行ってもらったときでした。
人見知りの私も、おじさんとは初めて会ったときから意気投合し、仲良くなりました。

シェフがそのレストランをやめた後も付き合いは続き、私の誕生日に馬鹿騒ぎしたり、クリスマスにはご馳走作ってくれたり、よく集まっては騒いでいました。

 

0000000863.jpgクリスマスの日、仕事が終わったあとに、おじさんが以前働いていたホテルにお邪魔し、貸切でご馳走になってしまいました!!!

その日の夜はレストランの営業もなく、そこのオーナーが「好きに使っていいよ」と店も厨房もおじさんに貸してくれたのです!!
普通そんなことは考えられませんが、それもおじさんが一生懸命働いて、よい人間関係を築いていたから実現できたのです。

 

 

0000000870.jpg生牡蠣をたらふく食べたあとに、サーモンのパイ包みや鳥の塩釜焼きをおなかいっぱい食べ、さらに飲み続け、クリスマスの夜は幸せに過ぎていきました。

結局その日私は、みんなより一足先につぶれて眠ってしまいました。
翌日目が覚めたら、枕元に花束が置かれていたのです!! そのとき集まった男子3人からの
プレゼントでしたが、とてもうれしかったなあ。

その後も飲み続け、2日間あわせて4人でワインを7から8本。
合間にビールやシャンパンなどかなり飲み続けました!!

彼はその後、ヴァランスにある2ッ星レストラン「ピック」で働き、シェフに絶大なる信頼をうけてきました。

私たち二人が日本に帰国した後、2005年には念願の自分の店をフランスのヴァランスにオープンしたのです!!!

「La Cachette」 (ラ カシェット) 隠れ家という意味だそうです。
そろそろ2年がたちますが、地元の新聞に取り上げられたり、注目されて人気があるようです。

奥さんのサッちゃんも、フランスで二人の子供を生みました。
子育てと、おじさんのサポートと大変そうです。
すごいとしか言えません。
最初は、かなり心配でしたが、二人はいつも笑顔で、パワフルに楽しそうに日々過ごしてるようです。

脱帽です!! 「私たちも負けていられないなあ」と二人と話をするたびに思います。

おじさんがいなかったら私たち夫婦は、今一緒にいないかもしれません。
おじさんの存在が、シェフにとって大きな支えになっていると思います。
彼ら夫妻とは、いつまでもよき友で、よきライバルでいたいと思います。
おじさんが作る料理は、人柄が出てるというか、とても大胆で、斬新で、とにかくうまいものを作ります。
もしいつか、フランスに行くことがあったら、ぜひ行ってみていただきたいお店です。

「La Cachette」
20 rue notre Dame de Soyons
26000 Valence
tel 04 75 55 24 13